若い女性でもある 子宮けい癌の検診受けてますか?


女性なら一度は気になる子宮けい癌。

20歳以上の女性では2年に一度の検診を推奨することから、自治体で無料で検診を実施しているところもあると思います。

しかし、婦人科に行くのは恥ずかしく、なかなか行きにくいという方もいます。

とくに出産したことのない女性は抵抗があって当然です。

ですが、ぜひ、検診を受けてください。

未来のあなたの赤ちゃんを授かるためにも・・・。

子宮けい癌は早期発見が大事です

脅すわけではありませんが、子宮けい癌は女性でいちばん若くしてなりやすい癌と言えます。

ヒトパピローマウイルスの感染により、癌化し発症する子宮けい癌ですが、普通は感染しても自然治癒する力を持っています。

しかし、何らかの原因により抵抗力が弱っていたり、常に感染の危険にさらされていると治癒することなく癌化してしまうのです。

しかし、早期に発見できれば90%以上の確率で再発もなく、完治できると言われています。

ですが、気づかないまま放置し、進行していくと命を落としてしまうのです。

検診を受けるには

たいていの産科、婦人科で子宮けい癌検診を実施していると思いますが、初めてであれば電話などで聞いてみましょう。

予約制だったり、検診日が決まっている場合もあります。

検診のときに気をつけること

  • 生理中は検診ができない

生理中だと血液が混ざり、正確な判断ができなくなるのでできません

  • トイレを済ませておく

膣の中から超音波(エコー)で子宮や卵巣の状態を確認するので溜まっていると確認しづらくなることもあります

しかし、妊婦さんや妊娠の可能性がある方は、検尿することがほとんどなので確認してください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です